更新日:2011年10月5日

ここから本文です。

認証かごしま材

認証かごしま材の利用状況(構造材)
高品質な県産材の供給を目的として,平成15年度に「かごしま材認証協議会」が県林材協会連合会内に設立され,「認証かごしま材」の定義が定められました。

「認証かごしま材」とは

鹿児島県内で育成,加工された丸太,製材品の中から,用途ごとに,品質,寸法,乾燥等が日本農林規格 (JAS) に準じた材を「認証かごしま材」といいます。

「認証かごしま材」の対象品目(平成17年12月現在)

針葉樹の構造用の製材及び集成材(柱材,梁材,桁材など)
針葉樹の造作材(壁板類),下地材及び県内産材を用いた単層フローリング材
「認証かごしま材」には,下図のラベルが貼り付けられます。
「認証かごしま材」ラベル

乾燥について

構造材の仕上げ材については含水率20%以下,未仕上げ材については25%以下とします。
造作材・下地材については,20%以下,フローリング材については11±3%とします。

寸法について

寸法については,JAS規格に規定する許容範囲内とします。

鹿児島県の木材情報について

県内の木材に関する情報は,かごしま木材ネット(http://www.k-wood.com/)をご覧ください。「認証かごしま材」の対象品目(平成17年12月現在)

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

環境林務部かごしま材振興課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?