ホーム > くらし・環境 > 総合政策 > 環境保健センター > 調査研究等 > 環境保健センターの調査研究の評価について

更新日:2017年3月31日

ここから本文です。

環境保健センターの調査研究の評価について

1.はじめに

  • 環境保健センターでは,調査研究を効率的に実施し,調査研究の活性化と透明性を図ることを目的として「調査研究評価要綱」を制定し,内部評価委員会及び外部評価委員会による調査研究の評価を受けています。
  • 評価の対象は,環境保全及び保健衛生分野の調査研究で,評価には,実施計画時に行う「事前評価」,中間年度に進捗状況を評価する「中間評価(3年以上実施する調査研究のみ)」及び終了後の「事後評価」があります。なお,国等から受託した調査研究等は評価の対象から除いています。
  • また,県民のニーズ等に応えるため,調査研究の内容及び成果を公表しています。

(参照)鹿児島県環境保健センター調査研究評価要綱(PDF:80KB)

2.評価委員会の委員構成

  • 内部及び外部評価委員会の委員は調査研究評価要綱に基づいて選出し,任命を行っています。
  • 内部評価委員は,当センターの業務に関係する県庁各課及び出先機関の職員からなる10名により構成されます。
  • 外部評価委員は,専門家及び有識者5名で構成されます。

(参照)平成28年度外部評価委員会委員名簿(PDF:21KB)

3.評価委員会の評価結果

  • 平成28年度は7月28日に内部評価委員会,8月31日に外部評価委員会を開催し,事前評価2題,中間評価1題,及び事後評価1題に対する評価を受けました。
  • 評価方法は1(評価できない)から5(非常に高く評価できる)までの5段階評価とし,総合評価が2以下の課題は,原則として廃止又は中止することとしています。
  • 評価委員からの御意見については,調査研究の充実・発展のため反映させるよう検討・実施を行います。

 

平成28年度内部及び外部評価委員会の評価結果(PDF:114KB)

 

 

(平成27年度以前の評価委員会結果)

  • 内部評価委員会

 

  • 外部評価委員会

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

環境林務部環境保健センター

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?