ホーム > 健康・福祉 > 子ども・少子化対策 > 児童福祉・施設・里親 > 児童福祉施設措置医療制度の概要

更新日:2013年8月7日

ここから本文です。

児童福祉施設措置医療制度の概要

児童福祉施設措置医療費とは?

童福祉施設に入所している児童,里親に委託されている児童,または一時保護所で一時保護されている児童が,疾病等により医師,歯科医師の医療を受けた際の医療費自己負担分を,公費により負担する制度です。
お,医療保険等が適用される児童については,医療保険等の適用を優先します。
 

根拠法令

童福祉法第50条
 

費用負担

2分の1
2分の1
 

医療機関の方々へ

童福祉施設措置医療が適用される児童は,鹿児島県が発行するサーモンピンク色の『受診券(施設入所・里親委託児童用)』を持っています。
口で受診券が呈示された場合は,窓口での医療費自己負担分を徴収せず,下記のとおり取り扱ってください。

請求先

1療保険に加入している児童の場合

口に受診券と各医療保険の保険証を持参しますので,各医療保険の審査機関に全額を請求してください。

2療保険に加入していない児童(全額自己負担)の場合

口に受診券のみを持参しますので,「鹿児島県社会保険診療報酬支払基金」に全額を請求してください。

児童措置医療費の支払いの流れ

童措置医療費は,次のように支払われます。
支払いの流れ

 

※詳しくは下記までお問い合わせください。

お問い合わせ

鹿児島県保健福祉部子ども福祉課施設福祉係
890-8577鹿児島県鹿児島市鴨池新町10番1号
話:099-286-2111(内線:2771)
通:099-286-2771
FAX:099-286-5560

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部子ども福祉課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?