閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

更新日:2022年6月14日

ここから本文です。

パスポートの受領

パスポートの受領は,以下の「2_代理受領」が認められているものを除き,年齢に関係なく(乳幼児も),必ず申請者本人(旅券名義人)が出向いて受領しなければなりません。

1参するもの

1請時に渡された受領証(受領者署名欄は,受け取りの際に,担当者の前で,受領者が署名します。)

2数料の収入印紙・収入証紙(事務所によっては,建物内で購入できるところもあります。申請時にご確認ください。)

(注)
  • 受領場所の変更はできません。
  • 交付予定日以降の本人の都合の良い日に受領できますが,申請の日から6か月以内に受領されないと未交付失効旅券となり受け取れなくなります。

2理受領

「渡航先追加」や「査証欄増補」は,代理受領できますので,事前にご連絡ください。

3付時出頭免除

臓器移植など特殊な手術のため渡航する必要がある場合,又は,身体の重度な障害によりパスポート受領が困難な場合は,ご相談ください。

4末機によるIC情報の確認

旅券交付時に,IC旅券交付窓口端末機をもって,本人にICに記録されている情報及びICの正常な動作の確認を行います。
 

問い合わせ先

かごしま県民交流センターパスポート窓口
電話:099(221)6611

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

観光・文化スポーツ部国際交流課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?