ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 農地 > 耕作放棄地再生利用

更新日:2019年4月25日

ここから本文です。

耕作放棄地再生利用

耕作放棄地とは

耕作放棄地とは,以前耕地であったもので,過去1年以上作物を栽培せず,しかも数年の間再び耕作する考えのない土地です。(農林業センサスに定義されている統計用語)

耕作放棄地の影響

耕作放棄地が及ぼす影響としては,雑草の繁茂等による病害虫・鳥獣害の発生,用排水施設の管理への支障,さらに,ゴミの無断投棄,火災発生の原因となることが考えられます。また,農地は作物の生産に有効に活用する必要がありますが,耕作放棄地は担い手農家への農地集積の阻害要因にもなります。

耕作放棄地再生利用対策

県,県担い手・地域営農対策協議会では,農業振興上特に重要な地域である農用地区域内(内容によっては農用地区域外も対象)にある耕作放棄地で,一定の再生作業により耕作可能となるものについて,有効利用を図るため,国の「耕作放棄地再生利用緊急対策」等を活用し,耕作放棄地の再生利用を支援しています。
なお,「耕作放棄地再生利用緊急対策」の活用に関する御質問等につきましては,最寄りの市町村耕作放棄地対策協議会(市町村農政担当課,農業委員会)へお問い合わせください。

耕作放棄地解消事例集(平成23年3月)

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農政部農村振興課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?