更新日:2019年4月5日

ここから本文です。

センターの概要

設置目的と概要

業開発総合センターは本県農業の総合的な拠点として農業技術の開発と担い手の育成を効率的かつ総合的に推進するために農業関係試験場や農業大学校を再編統合しました。

吹上・金峰地区

  • 耕種試験研究施設(南さつま市金峰町)
  • 試験研究全体にわたる総合的な企画調整機能の充実
  • 先進的な農業技術の開発や食の安心・安全の確保などの試験研究に取り組む
  • 農業大学校(再編完了):平成15年4月に移転開校
  • 高度な農業技術と経営管理能力を備えた青年農業者や農村地域のリーダー等の育成を目的に学生教育を実施
  • 新規就農希望者,農業者,県民などを対象に研修を実施

国分地区

  • 畜産試験場(霧島市国分)
  • 先端技術を活用した家畜の生産性向上,畜産物の高品質化,環境保全等の技術開発に取り組む

配置図(吹上・金峰地区)

 

拡大(JPG:2,485KB)

農業試験場等の歴史

業開発総合センターは各試験場(農業試験場・果樹試験場・茶業試験場・畜産試験場・肉用牛改良研究所・農業大学校)が統合された組織となりました。
業試験場,果樹試験場,茶業試験場,畜産試験場,蚕業試験場の歴史を別ページでご紹介します。


よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

農政部農業開発総合センター企画調整部

電話番号:099-245-1114

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?