更新日:2019年3月25日

ここから本文です。

志布志港のメリット!!

志布志港は,東アジア,東南アジアに近い地理的な優位性と充実した定期航路や南九州最大規模の国際コンテナターミナルなど,アジアを睨んだ国内外の物流拠点として非常に大きなポテンシャルを秘めています。
また,日本有数の畜産帯をカバーする飼料供給基地としての役割を担っており,平成29年4月から,国際バルク戦略港湾(穀物)としての整備に着手しました。

志布志港の地理的優位性

アジア圏域での位置・・・外洋に面し,アジア諸国に近い地理的優位性
九州圏域での位置・・・南九州地域の貨物であれば博多港に比べ陸上輸送コスト並びにCO2の大幅な削減が可能

充実した定期航路

外貿コンテナ航路4航路週11便
国内フェリー・RORO航路との連携により,国内外の一体的な輸送が可能

充実した港湾施設

ガントリークレーン2基,リーファーコンセント50口,多目的上屋,燻蒸上屋及びエリアの設置
指定保税地域の設置,CIQ機能(税関・出入国管理局・検疫)

インセンティブの実施

【各種インセンティブにより輸送コストの削減が可能】
ガントリークレーン使用料及び外貿コンテナ船(国際フィーダー船を含む)の係船料を2分の1減免

志布志市の助成制度

  • 食品輸出コンテナ助成
  • 輸出入コンテナ助成
  • リーファーコンセント使用料助成

お問い合わせ先899-7492鹿児島県志布志市有明町野井倉1756

布志市役所港湾商工課港湾振興係

TEL099-474-1111(内線285)FAX099-474-2281

国際コンテナターミナル

5万トン級貨物船(3,500~3,900TEU積)に対応できるため,大型船による輸送コスト及びリードタイムの削減が可能
13列対応のガントリークレーン2基など充実した港湾設備により迅速で効率的な輸送が可能
平成30年4月から,船舶の2隻同時接岸に対応するための岸壁延伸(L=80m)整備着手

整備が進む背後道路ネットワーク

東九州自動車道や都城志布志道路の整備により背後地域との間で効率的な輸送が可能

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

土木部港湾空港課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?