閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > くらし・環境 > 住まい > 宅地を購入する > 公社分譲宅地での住宅建設には利子補給制度があります!

更新日:2019年1月11日

ここから本文です。

公社分譲宅地での住宅建設には利子補給制度があります!

制度の概要

県では,公社の分譲宅地を購入した方が,購入した宅地に一定の要件を満たす地域優良住宅を建築するために,フラット35(住宅金融支援機構と民間金融機関が提携した住宅ローン)を利用する場合,償還開始から5年間にわたって,融資残高に対して1%相当の利子補給金を交付します

 

数に限りがあります。

利子補給金の目安

(借入期間35年,借入利率1.25%,元利均等返済の場合)
借入期間
1,500万円
2,000万円
2,500万円
3,000万円
利子補給総額
約57万円
約76万円
約95万円
約114万円

利子補給制度の申込み資格

1.自ら居住するための住宅を必要とする方

2.県税について未納がない方

3.公社から宅地を購入した年度の次年度までに住宅の建築が完了できる方

4.収入金額または所得金額(申込み年度の前年分)が以下のいずれかに該当される方

ガーデンヒルズ松陽台・妙円寺団地の場合

給与所得のみの方:収入金額716万円以下左記以外の方:所得金額525万円以下

パークヒルズ鹿屋の場合

給与所得のみの方:収入金額669万円以下左記以外の方:所得金額483万円以下

利子補給までのおおまかな流れ

手続きの流れ

問い合わせ先

公社の分譲団地】

妙円寺団地

パークヒルズ鹿屋

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

土木部建築課住宅政策室

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?