更新日:2012年12月13日

ここから本文です。

住宅需要実態調査の概要

調査の名称
住宅需要実態調査
実施者及び根拠法規要領等
国,県
住宅需要実態調査実施要綱
調査の目的及び結果の利用
本県における普通世帯の住宅困窮の実態,住宅規模及び住環境に対する感じ方,住宅改善計画の有無と内容等主観的な事項を把握し,今後の県住宅マスタープランの策定等の基礎資料を得ることを目的とする。
調査の沿革
調査の始期昭和43年
周期5年ごと
調査期日(時点)平成20年12月1日現在
調査方法
標本(抽出)調査
調査対象及び範囲
県下全域の普通世帯
調査項目
  1. 現在の住まいに対する感じ方について
  2. 居住状況の変化について
  3. 今後の改善意向について
  4. 今後の住まい方の意向について
  5. 老後の住まい方について
  6. 子育てにおいて重要な要素について
  7. 住宅の相続について
  8. 別荘やセカンドハウスについて
  9. 高齢者設備の設置状況について
公表の方法及び時期  
担当課・係 土木部建築課住宅政策室住宅企画係
備考
 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

土木部建築課住宅政策室

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?