閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

更新日:2018年1月15日

ここから本文です。

薩女おどり

女の子の踊りである。服装はカスリの浴衣、陣笠をかぶる。約四十五cmのナギナタを右手に持ち、いっちゃせん(一文銭)を針金にくさったものを左手に持ち、ガラガラ音をたてて振りながら踊る。四人一組で、歌は棒踊りと同じ。二列に並んで向き合い四人が交錯しながら踊る。明治時代から宿利原校区に伝わったといわれ、現在は宿利原小学校と婦人会で伝承されている。

おはやしは踊り手が次のように入れる。

サーサーサッ

チョイチョイチョイチョイ

ソイノソイソイノソイソイノソイソイ

(以下略)

 
【問い合わせ先】錦江町役場
 

公開日時

不定期
 

公開場所

開催風景

薩女

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

観光・文化スポーツ部文化振興課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?