更新日:2018年1月15日

ここから本文です。

辺塚棒踊り

辺塚の棒踊りの由来は、伝承経路は定かではありませんが、かなり古くから踊られ、花見や新築祝いなど、めでたい席で青年が披露していました。辺塚校区には3種類の棒踊りがあり、「中野」集落、「打詰・中郷」集落、「西」集落でそれぞれ踊られていました。昭和45年、辺塚の棒踊りを後世まで何とか残したいとの思いから、辺塚中学校芸能保存会を発足させ、中学校の体育大会で約100名ほどの中学生によって棒踊りが始まり、辺塚校区の棒踊りとして、現在は保存会により受け継がれています。以来、この棒踊りが絶えることがないようにと、毎年小学校の運動会で披露されています。
4人一組がかまとなたを打ち合う勇壮な踊りは、歌に合わせて「エイエイ」「ヤーサッ」のかけ声をかけます。衣装は、浴衣にたすきがけ、はちまき、わらじをつけ、鼻筋に化粧をつけます。
 
【問い合わせ先】南大隅町役場

公開日時

9月下旬の辺塚地区運動会
 

公開場所

 

開催風景

校区合同運動会での踊り1
校区合同運動会での踊り2
校区合同運動会での踊り3

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総務部文化スポーツ局文化振興課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?