更新日:2018年12月18日

ここから本文です。

悪石島盆踊り

悪石島の盆踊りは、旧暦の7月7日の夜から踊り始め、7月13日の夜まで毎夜、稽古をかねた踊りが続けられます。7月14日・15日・16日の3日間は、昼間あるいは夜に、公民館の庭や総代宅の庭、テラ、墓地、その他で踊られます。踊りの種類は7種類です。悪石島の盆踊りの特徴として一つには仮面神ボゼの出現があります。これは7月16日の盆踊りの時に突然出現して、人々を驚かせ、踊りの輪をくずして盆踊りを終わらせ、盆行事の幕引きをします。
神の世界のボゼは、地域と人々の邪気を追い祓い、太陽の輝く日常の力強い世界へ引き戻し,転換させる役目をしています。その姿は、奇怪ではるかニューギニアの仮装神にも似ていて、注目すべき神であり、その姿といい、意義といい、わが国の来訪神を代表するものです。
近年は、ボゼの行事に合わせて観光ツアーが組まれて、毎年たくさんの観光客が悪石島を訪れています。
 
【問い合わせ先】十島村役場
 

公開日時

旧暦7月14日、15日、16日
 

公開場所

開催風景

ボゼ勢揃い(3体)
祭りに乱入したボゼ
泥をなすりつけるボゼ

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総務部文化スポーツ局文化振興課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?