ホーム > 健康・福祉 > 地域包括ケア > 介護予防の推進 > 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため,活動を自粛している間の介護予防について

更新日:2020年5月1日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため,活動を自粛している間の介護予防について

高齢者のご家族の方,お近くに高齢者がいらっしゃる方,高齢者と接する機会お仕事をされていらっしゃる方におかれても

このページ(チラシ)の内容を勧めてくださるようお願いします。

高齢者の皆様へ~元気でいるために~

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため,現在,活動を自粛されている「通いの場」が多くありますが,

お一人や限られた人数での散歩などは感染リスクが低い行動であり,

高齢者の皆さんが外出機会を確保することは日々の健康を維持するためにも重要になります。

(「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」(2020年3月19日新型コロナウイルス感染症対策専門家会議))

活動自粛中も健康を維持するため,ご自宅において,できることを続けましょう

外出の機会が減り,ご自宅で過ごす時間が増え,体力が低下することが心配です。

できる運動を続けましょう。

コロナ1

コロナ2

<参考:一般社団法人日本老年医学会>「新型コロナウイルス感染症」高齢者として気をつけたいポイント

https://www.jpn-geriat-soc.or.jp/citizen/coronavirus.html(一般社団法人日本老年医学会ホームページ)

居宅において,健康を維持するためのポイント

1運動

・人混みを避けて、一人や限られた人数で散歩する。
・家の中や庭などでできる運動(ラジオ体操、自治体のオリジナル体操、スクワット等)を行う。
・家事(庭いじりや片付け、立位を保持した調理等)や農作業等で身体を動かす。
・座っている時間を減らし、足踏みをするなど身体を動かす。

2生活・口腔ケア

・3食欠かさずバランスよく食べて、規則正しい生活を心がける。
・毎食後、寝る前に歯磨きをする。
・しっかり噛んで食べる、一人で歌の練習をする、早口言葉を言うなど、お口周りの筋肉を保つ。おしゃべりも大切です。

3との交流

・家族や友人と電話で話す。
・家族や友人と手紙やメール、SNS等を活用し交流する。
・買い物や移動など困ったときに助けを呼べる相手を考えておく。

体操の動画を紹介しています

ご自宅での体操等に,御活用ください。

県内の市町村がホームページ等で体操を公開しています(令和2年4月24日時点)。

<鹿児島市らくらく体操http://www.city.kagoshima.lg.jp/kenkofukushi/hokenjo/hoyobo-yobou/kenko/kenko/sejin/taiso.html
<出水市ねおらんど体操>https://www.city.kagoshima-izumi.lg.jp/page/page_30047.html
<姶良市健康体操(サロンサイズ)https://youtu.be/REgsDzP5J8o

県内各地で取り入れられている「こけないからだ体操(岡山県津山市考案)」の動画を見ることができます。

<動画のページはこちらをクリック>



よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部高齢者生き生き推進課

電話番号:099-286-2701

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?