ホーム > 健康・福祉 > 青少年 > 青少年育成 > 「郷土(ふるさと)に学び・育む青少年運動」推進要綱

更新日:2010年3月12日

ここから本文です。

「郷土(ふるさと)に学び・育む青少年運動」推進要綱

 

1運動の趣旨

鹿児島県青少年育成県民運動推進基本方針に基づき,青少年の自立の精神と豊かな感性のかん養,国際的感覚やふるさとを愛する心の醸成を目的とした「郷土に学び・育む青少年運動」の普及・促進を図る。

2運動の内容

「郷土に学び・育む青少年運動」の展開を通して,鹿児島の古くからの伝統である地域で青少年を育てる気風を盛り上げ,郷土に根ざしたグローバルな人材を育成するため,家庭・学校・職場・地域等は,青少年が主体的に活動するための場や機会を確保し,社会的に自立した個人として成長していけるよう,地域ぐるみの青少年育成を推進する。

(1)推進体制の充実・強化(青少年を育成する体制の充実・強化)

「郷土に学び・育む青少年運動」を推進するため,鹿児島県青少年育成県民会議を中心とした民間団体等と国・県などの行政機関が連携・協力しながら一体となった青少年を育む運動を推進する体制を強化する。

また,活動の主体となる青少年団体の機能強化や各種青少年育成団体の相互連携を強化するため,校区青少年育成組織の充実を図る。

 
ア青少年育成県民会議・市町村民会議との連携強化

青少年育成県民会議・市町村民会議との連携を密にしながら,「郷土に学び・育む青少年運動」を推進していく。

 
イ青少年育成コーディネーターの活動の活性化

市町村における青少年育成の推進役として,市町村民会議への企画・運営面での参画をはじめ,青少年の現状把握や青少年育成関係機関・団体,青少年育成推進員への指導・助言等を行う。

 
ウ校区青少年育成組織を活用した運動の推進・強化

校区内の青少年育成機関・団体,指導者等で組織された校区青少年育成組織の機能を強化し,校区で一体となった青少年育成の推進を図る。

(2)青少年の育成

【青少年の主体的活動の促進】

青少年が自分で考え,判断し,決定し,行動する青少年の主体的活動を促進するとともに,それぞれの団体や地域の特色を生かした活動内容となるように配慮する。

 
ア「青少年育成の日」を中心とした青少年活動

青少年活動は,毎月第3土曜日の「青少年育成の日」を中心に実施する。

 
イ青少年の社会性や規範意識の向上

青少年が目標に向かって日々を有意義に過ごすことができるよう支援し,自然・社会体験活動や,ボランティア活動などの社会貢献活動を通して社会の一員としての自覚を持たせる。

 
ウ国際交流活動の促進

青少年の国際理解や国際的視野の醸成を図るため,国際交流事業への参加や様々な交流を促進するなど,国際性豊かな青少年の育成を図る。

 

 
【親・大人の意識の高揚・啓発の推進】
ア親・大人のあり方の見直し

青少年の問題は大人社会の問題の反映であることを踏まえ,大人の意識改革を進め,親・大人が,子どもの良き手本として行動することにより,家庭・学校・職場・地域等の教育力を高めていく。

また,大人自身が,社会の基本的なモラルやルールを身をもって次の世代に伝える。

 
イ「家庭の日」を中心とした親子のふれあいの促進

各家庭は,毎月第3日曜日の「家庭の日」を中心に親子のふれあいの促進に努める。

 
ウ社会規範意識の醸成

家庭や学校,職場,地域等が相互に持てる力を十分発揮し,社会とのつながりや規範意識を高める取組を推進し,それぞれの立場で青少年の成長に合わせた支援を行う。

 
【地域ぐるみの青少年育成】

ア家庭・学校・職場・地域等が一体となった青少年育成

青少年の育成は,家庭・学校・職場・地域等が連携し,それぞれの役割を果たしながら,青少年の主体的な活動を側面的に支援するとともに,校区単位の青少年育成組織を中心に地域ぐるみの活動となるように努める。

 
家庭:青少年が自立するために最も必要とされる基本的な生活習慣や豊かな情操を身につける場

学校:教育活動の中で,児童・生徒が自ら学び,考え,行動する力を身につける場

職場:働く喜びや社会の一員としての責任と自覚を身につける場

地域:自然体験や社会体験等の豊富な体験を通して,ふるさとを愛する心や社会性を身につける場

 
イ異年齢集団での体験活動等の促進

たくましく生きる力や郷土愛などを育む鹿児島の古くからの伝統である地域で青少年を育てる気風を盛り上げ,異年齢集団での体験活動等を推進する。

 
ウ「家庭の日」・「青少年育成の日」を中心とした活動の推進

各家庭は,毎月第3日曜日の「家庭の日」を中心に親子のふれあいの促進に努めるとともに,青少年活動は,毎月第3土曜日の「青少年育成の日」を中心に実施する。

 
【青少年の社会的自立の支援】

ニート,ひきこもり等社会的自立が困難な青少年を支援する。

(3)青少年を育てる環境づくりの推進

青少年を心身ともに健全に育成するために,青少年を取り巻く環境の向上を目指すとともに,青少年健全育成に対する意識の高揚と地域を中心とした実践活動を促し,健全な社会環境づくりを推進する。

 
ア青少年を守る環境づくり

大人,社会全体が自らの姿勢を正すとともに,青少年の良き手本となるよう,モラルの向上と青少年を取り巻く社会環境の整備を目指す。

 
イ啓発・補導活動の強化,非行防止活動

青少年の非行防止のため,関係機関が連携して行う啓発・補導活動を強化し,地域の人々と連携して非行防止活動を推進する。

 
ウ相談体制の充実

様々な悩みをもつ青少年や保護者に対して,気軽に相談できる場や体制の充実を図るとともに,相談機関が相互に連携して,適切な指導・支援等を行う。

 
エ関係機関・団体が相互に連携した運動の推進(「郷土に学び・育む青少年運動」への協力・推進)

行政と民間団体等が緊密に連携し,家庭・学校・職場・地域等が青少年を主体的に育てる気運を盛り上げ,活発な青少年育成活動が展開されるよう運動の推進を図る。

 
県段階(知事部局,教育委員会,警察本部,青少年育成県民会議)

地区段階(地域振興局,支庁,教育事務所(局),警察署,青少年育成推進協議会)

市町村段階(市町村長部局,教育委員会,警察,青少年育成市町村民会議)

地域段階(校区青少年育成組織等)

が相互に連携し,それぞれの立場から運動を推進する。

 
ア青少年育成に関する広報啓発や青少年育成実践事業を実施する。

イ青少年育成指導員及び青少年育成コーディネーター,青少年育成推進員との連携を図りながら,地域の青少年活動を支援する。

ウ青少年活動情報の収集・提供を行い,地域の青少年活動の活性化を図る。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総務部男女共同参画局青少年男女共同参画課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?