ホーム > くらし・環境 > 地域振興・景観 > ジオパーク > ジオパークパネルの相互展示

更新日:2021年3月25日

ここから本文です。

ジオパークパネルの相互展示

神奈川県との連携

鹿児島県と神奈川県は,平成25年度からそれぞれの地域特性を活かし,産業,観光・文化,教育などの様々な分野において,交流することで合意しました。その交流の取組の一つがジオパークの交流です。

このたび,両県のジオパークの交流の取組として,両県が有するジオパークについて、お互いに紹介し,次のとおり,両県で活動する日本ジオパークのパネル展示を行いました。

鹿児島県庁1階ロビーにおける展示

期間:令和2年10月1日(木曜日)~令和2年10月30日(金曜日)

鹿児島県庁18階展望ロビーにおける展示

期間:令和3年2月1日(月曜日)~令和3年2月26日(金曜日)

神奈川県のジオパーク

箱根ジオパーク(外部サイトへリンク)

構成市町:神奈川県西部の2市3町(小田原市、箱根町、真鶴町、湯河原町、南足柄市)

箱根火山はフィリピン海プレートの東縁に形成された伊豆・小笠原弧の北端部に位置しています。
箱根火山活動は、太平洋プレートがフィリピン海プレートの下に沈み込んだことによって地下深くでできたマグマが地表に現れたものです。

なだらかな地形の裾野と急崖のカルデラをつくる外輪山、火山の中央部に並ぶ中央火口丘などは、多数の成層火山や単成火山、溶岩ドームからなる複合火山でありそれぞれの火山から噴出した溶岩流や火山灰などは、独特の火山地形をつくりだしています。

火山体を深く削って流れる河川は、深山幽谷の渓谷をつくりし、箱根火山が面する相模湾沿岸は、魚種も豊富で古くから漁業が盛んであり、一方、山間部には箱根に固有の植物や、箱根の名がつく動植物が生息し、豊かな自然環境に恵まれています。

この地域に所在する温泉は、古くから知られ、人々は火山の恵み、いわゆるジオの恵みを享受しています。

鹿児島県のジオパーク

霧島ジオパーク(外部サイトへリンク)

構成市町:鹿児島県(霧島市・曽於市),宮崎県(都城市・高原町・小林市・えびの市)

霧島ジオパークは、宮崎県と鹿児島県にまたがる北西-南東方向に長い30km×20kmの範囲に分布する20あまりの火山のあつまりである霧島山を中心とした地域にあります。ここでは、有史以前から歴史時代を経て現在に至る火山活動の歴史とそれとともに育まれた自然の多様性、そこに暮らす人々の歴史・文化を体感することができます。

桜島・錦江湾ジオパーク(外部サイトへリンク)

 

構成市:鹿児島県鹿児島市,姶良市,垂水市

目の前にそびえる山も青く深い海も広がる森も、何万年の時を経てつくられた大自然のオブジェやアトラクション!ここ「桜島・錦江湾ジオパーク」にも、そんな見応えたっぷりの絶景や、ツアー、イベント、体験プログラム、特産品などなど、魅力を体験できる仕組みがいっぱいです。桜島や錦江湾を舞台に、思いっきり遊び、学びましょう。

 

 

三島・鬼界カルデラジオパーク(外部サイトへリンク)

構成村:鹿児島県三島村

日本最南端のジオパークである三島村・鬼界カルデラジオパークは、薩摩半島の南に位置する海底カルデラと3つの島からなります。日本で最も新しい巨大噴火の痕跡が生々しく残る竹島・硫黄島と、独自の文化・信仰形態の残る黒島。横並びの3島が全く違う表情を見せてくれます。火山による大災害と、鉱物資源や地熱・温泉の恵み、そしてそれにまつわる人々の歴史を学ぶことができます。

パネル展示の様子

ジオパーク

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総合政策部地域政策課

電話番号:099-286-2424

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?