ホーム > 健康・福祉 > 社会福祉 > 社会福祉関連情報 > 生活福祉資金貸付制度について

更新日:2021年7月12日

ここから本文です。

生活福祉資金貸付制度について

生活福祉資金貸付制度は,県民の生活の安定や自立を図ることを目的に,県社会福祉協議会が低所得世帯等に対し必要な生活資金等を低利又は無利子で貸し付ける制度です。
貸付けを受けるには,いくつかの条件がありますので,詳しくはお住まいの市町村社会福祉協議会にお問い合わせください。

対象者

低所得世帯,障害者世帯,高齢者世帯

資金種類

資金種類は,総合支援資金,福祉資金,教育支援資金,不動産担保型生活資金の4種類があります。

窓口

制度の詳しい内容については,各市町村社会福祉協議会又は鹿児島県社会福祉協議会にお問い合わせください。
 

新型コロナウイルス感染症の影響による特例貸付について

型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ,貸付の対象世帯を低所得世帯以外に拡大し,休業や失業等により生活資金でお悩みの方々に向けた,緊急小口資金等の特例貸付を実施します。
しい内容については,お住まいの市町村社会福祉協議会又は鹿児島県社会福祉協議会にお問い合わせください。

特例貸付の概要(PDF:176KB)

緊急小口資金及び総合支援資金の特例貸付の利用が終了した上で,生活にお困りの場合,生活困窮者自立支援機関による支援とともに,総合支援資金の再貸付を実施します。

総合支援資金(再貸付)のご案内(PDF:85KB)

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について

既に総合支援資金の再貸付が終了するなどにより特例貸付を利用できない世帯で,収入や資産など一定の条件を満たす場合に,新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金を支給します。

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金に関する厚生労働省特設ホームページ(外部サイトへリンク)

詳しい内容については,各市及び三島村,十島村,長島町,南種子町,屋久島町にお住まいの方は市町村の福祉担当課に,それ以外にお住まいの方は,県が設置している「くらし・しごとサポートセンター」や地域振興局,支庁の福祉担当課にお問い合わせください。

鹿児島県生活困窮者自立相談支援機関一覧(PDF:100KB)

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部社会福祉課

電話番号:099-286-2841

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?