閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

更新日:2020年9月2日

ここから本文です。

食鳥検査業務

食肉衛生検査所では,食鳥肉の安全確保を図るため,処理施設において家きんの疾病排除や衛生管理に関する指導等を行っています。

1生体検査

生体検査では,とさつ前の鶏の状態を確認し,異常を認めた場合は,「とさつ禁止」処分とします。また,必要に応じて高病原性鳥インフルエンザの簡易検査を実施しています。

鳥生態

 

2脱羽後検査・内臓摘出後検査

とさつされた家きんの内臓及び中抜きと体について,施設が配置する食鳥処理衛生管理者が異常ありと判断したものについて検査員による精査を行っています。

鹿児島県では,検査結果をコンピューター入力(タッチパネル)しており,施設及び農家への検査データ還元に役立てています。食鳥検査風景

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部生活衛生課

電話番号:099-286-2788

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?