ホーム > 産業・労働 > 雇用・労働 > 統計・調査結果 > 若年層等の県内定着に関する意識調査結果(速報版)

更新日:2020年3月2日

ここから本文です。

若年層等の県内定着に関する意識調査結果(速報版)

1調査目的

ごしま故郷人財確保・育成プロジェクト(※)の推進にあたり,本県の人材確保・定着に向け,若年層及び保護者等の進学・就職に関する意向や,企業の採用ニーズ,課題等について把握し,施策に反映させることを目的として調査を実施しました。

(※)「かごしま故郷人財確保・育成プロジェクト」とは

県では,生産年齢人口の減少に加え,就職に際して,若年層の県外流出に歯止めがかからず,人手不足が顕在化しています。そこで,県では,県内産業に従事する方々を「財産」と捉え,新たな視点で中長期的な観点から人材確保・育成に取り組む「かごしま故郷人財確保・育成プロジェクト」を令和元年度から新たに立ち上げています。

2調査の種類

(1)校生の就職に関する意識調査(高校生調査)
(2)学生の就職に関する意識調査(大学生調査)
(3)校生保護者の就職に関する意識調査(保護者調査)
(4)年層の雇用に関する意識調査(若年層調査)
(5)鹿児島県内事業所の就職・採用に関する意識調査(事業所調査)

 

3調査対象

 

種別 調査対象者
高校生調査

就職希望者:希望者が30名以上いる高校(44校)の3年生

進学希望者:各地域振興局等管内の普通科高校(8校)の3年生

大学生調査 COC+参加校(鹿児島大学,鹿屋体育大学,鹿児島国際大学,志學館大学,第一工業大学,鹿児島県立短期大学,鹿児島女子短期大学,鹿児島工業高等専門学校)の最上級生
保護者調査 新規高卒者の調査対象者の保護者
若年層調査 39歳以下の求職者
事業所調査 従業員30人以上の県内事業所・企業(無作為抽出)

 

4調査結果

若年層等の県内定着に関する意識調査【調査結果概要(速報版抜粋)】(PDF:153KB)

若年層等の県内定着に関する意識調査【調査結果概要(速報版)】(PDF:669KB)

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部商工政策課

電話番号:099-286-2990

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?