ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 普及指導活動 > かごしまの協同農業普及事業

更新日:2020年3月27日

ここから本文です。

かごしまの協同農業普及事業

普及事業とは

普及事業とは,都道府県の専門の職員が,農業技術経営に関する支援を,直接農業者に接して行う事業のことです。
具体的には,農業生産性の向上や農作物品質向上のための技術支援,効率的安定的な農業経営のための支援,農村生活の改善のための支援を国と都道府県が協同して行っています。(出典:農林水産省ホームページ)

普及指導員ってどんな人?

普及指導員とは,農業者に直接接して農業に関する情報を提供し,農業者の農業技術や経営を向上するための支援を専門とする,国家資格をもった都道府県の職員です。
現在,全国には平成31年度当初で6,102人の普及指導員がいます。普及指導センター等で実務経験中の職員等を含めた普及職員数は7,293人です。
鹿児島県内には232人(実務経営中の25人含む)の普及職員がいます。

どんな仕事をしているの?

  • かごしま農業の中心となる「担い手」を育てます
  • 「産地」を支えます
  • 「環境」にやさしい農業を進め,食の「安心・安全」を支えます
  • 「地域」を応援します

普及指導員は「かごしま農業」を縁の下から支える力持ち!普及指導員は,地域全体の農業技術や生活の向上を図ることで,地域全体の所得向上を目指しています。

普及組織の活動体制

普及指導員は各地域振興局・支庁の農政普及課等に配置されています。

地域振興局・支庁農林水産部農政普及課等管轄図管轄図(PDF:2,654KB)

普及組織の組織体制図組織体制図(PDF:218KB)

令和元年度普及指導活動の外部評価

本県の普及指導活動の成果や体制,普及指導員の資質向上の取組等について,外部評価を実施しました。

令和元年度普及指導活動の外部評価結果(PDF:234KB)

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農政部経営技術課

電話番号:099-286-3148

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?