ホーム > 社会基盤 > 河川・海岸 > 河川・海岸の整備 > 既存ダムの洪水調節機能の強化(事前放流)に係る治水協定の締結

更新日:2020年9月2日

ここから本文です。

既存ダムの洪水調節機能の強化(事前放流)に係る治水協定の締結

令和元年台風19号など近年発生した大規模な水害を踏まえ,政府が設置した「既存ダムの洪水調
節機能強化に向けた検討会議」において,令和元年12月12日に基本方針が策定され,既存ダムの
利水容量の一部を洪水調節に活用できるよう,事前放流を実施することとされています。

鹿児島県内の二級水系において,「既存ダムの洪水調節機能強化(事前放流)」の実施に向けて,
河川管理者(県),ダム管理者及び関係利水者との間で,「治水協定」を締結しました。
(対象ダム18水系21ダムのうち,8月末までに17水系20ダムで締結)

今後は,本治水協定に基づき,事前放流を実施することによって,地域の安全・安心の向上に努め
てまいります。

また,残る1水系1ダムについては,9月中の治水協定締結に向けて準備を進めているところです。

なお,この取り組みは,政府が定めた「既存ダムの洪水調節機能の強化に向けた基本方針(令和元
年12月12日既存ダムの洪水調節機能強化に向けた検討会議)」※に基づいています。

 

既存ダムの洪水調節機能強化に向けた検討会議※
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kisondam_kouzuichousetsu/

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

土木部河川課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?