ホーム > 社会基盤 > 河川・砂防 > 砂防活動 > 令和2年土砂災害・全国防災訓練を実施しました

更新日:2020年6月26日

ここから本文です。

令和2年土砂災害・全国防災訓練を実施しました

鹿児島県は土砂災害防止月間(6月)の取り組みとして,住民,市町村,都道府県,国,防災関係機関による「土砂災害・全国防災訓練」を毎年実施しています。

本訓練は平成18年度から実施しており,15回目となる今年度は6月7日(日曜日)を中心に情報伝達訓練を行いました(新型コロナウイルス感染症拡大防止のため,住民が参加する避難訓練は行わずに情報伝達訓練のみ実施)。

土砂災害から命を守るためには,普段の備えが大切です。日頃から,避難路,避難場所の確認を行い,避難の際は隣近所に声を掛け合ってみんなで避難できるよう,早めの自主避難を心がけてください。(がけ崩れや土石流から自らの命を守るためにをご覧ください)

情報伝達訓練の様子

 

5

6

 

阿久根市での訓練(左:防災行政無線による避難勧告等情報伝達,右:関係課との協議)

7

11

 

姶良市での訓練(左:県総合防災システムへの入力,右:要配慮者利用施設への情報伝達)

2

10

 

県砂防課での訓練(左:県出先機関への土砂災害警戒情報の伝達,右:訓練後反省事項の洗い出し

3

4

 

県出先機関での訓練(左:雨量情報等の情報収集,右:県砂防課への災害報告)

このページの先頭へ戻る

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

土木部砂防課

電話番号:099-286-3616

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?