更新日:2018年10月30日

ここから本文です。

認証かごしま材の家とは

認証かごしま材の家とは,鹿児島で育った木をふんだんに使った木造住宅のことです。
認証かごしま材の家は次の基準に適合する住宅をいいます。

認証かごしま材優良木造住宅建設基準

1.設計者及び工事監理者または、施工者のいずれかが、かごしま材取扱店であること。

2.在来工法の木造住宅であること。

3.認証かごしま材の使用量が次の各号のいずれかに該当すること。

(1)柱・半柱・間柱の構造材が,当該部材の体積比で80%以上
(2)構造材が住宅の延べ面積に0.023立方メートル/平方メートルを乗じて得た数値以上
(3)造作材,下地材及びフローリングの合計面積が16平方メートル以上
(4)上記(1),(2)のいずれかにおける認証かごしま材の実使用比と(3)における同材の実使用比の数値の合計が1以上

4.隅柱及び通柱の小径は、原則として、12センチメートル角以上とすること。

5.基礎は一体の鉄筋コンクリート造の布基礎又はべた基礎とし,地面からその上端までの高さは40センチメートル以上とすること。

6.原則として、小屋裏の壁で屋外に面するもの又は軒裏には換気上有効な位置に2以上の換気孔を設けるものとし,換気孔の有効面積の天井の面積に対する割合は、300分の1以上とすること。

7.外壁の床下部分には、原則として、壁の長さ4メートル以下ごとに有効面積300平方センチメートル以上の換気孔を設け,床下はコンクリート,防湿フィルムその他これらに類する材料で覆うこと。

在来工法の軸組図
 
在来工法(1) :柱や梁などによって構成される工法
半柱 :柱の半分だけが壁面から外に突き出した柱
間柱(2) :柱と柱の間に設けられた垂直材
隅柱(3) :建物の隅部にある柱
通柱(4) :1階から最上階まで1本の材で通した柱
布基礎(5) :外部などの下に設けられる連続基礎
べた基礎 :建物の底面全体に設けられる板状の基礎

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

土木部建築課住宅政策室

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?