閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

更新日:2022年5月10日

ここから本文です。

防災航空隊

災害に迅速かつ的確な消防防災活動を行うことを目的として,消防・防災ヘリコプター「さつま」(米国製ベル式412EP型)を平成10年3月に導入。平成31年1月には無事故運航6,000時間を達成しました。同年に機体を更新し,令和元年5月から新「さつま」(レオナルド式AW139型)の運航を開始しています。

枕崎ヘリポート内の「鹿児島県防災航空センター」に,指宿南九州消防組合,枕崎市消防本部,南さつま市消防本部,熊毛地区消防組合の4消防本部から派遣された消防職員7名で編成する「鹿児島県防災航空隊」が常駐し,災害時の被災状況調査をはじめ,救急患者の搬送,山岳や海上での救助,行方不明者の捜索,林野火災の消火などの活動を行っています。

消防・防災ヘリコプターの運航は,住民の生命,身体及び財産を災害から保護することを目的として,差し迫った必要性があり,ヘリコプター以外に適切な手段がない場合に市町村長等からの要請により運航しています。

ヘリ1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和3年度運航状況(PDF:288KB)

令和3年中統計(PDF:203KB)

令和3年度年度緊急運航-1(PDF:279KB)

令和3年度年度緊急運航-2(PDF:103KB)

防災ヘリコプター「さつま」の概要(PDF:379KB)

防災ヘリ運航範囲及び飛行所要時間(目安)(PDF:238KB)

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

危機管理防災局防災航空センター

電話番号:0993-73-2881

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?