ホーム > 教育・文化・交流 > 家庭・地域・社会教育 > 生涯学習・社会教育 > 子どもの読書活動 > 関連情報 > 令和2年度子供の読書活動優秀実践校・図書館・団体(個人)文部科学大臣表彰

ここから本文です。

更新日:2020年4月9日

令和2年度子供の読書活動優秀実践校・図書館・団体(個人)文部科学大臣表彰

1目的

供が,言葉を学び,感性を磨き,表現力を高め,創造力を豊かなものにし,人生をより深く生きる力を身に付けていく上で欠くことができないものである読書活動の一層の推進に資するため,国民の間に広く子供の読書活動についての関心と理解を深めるとともに,子供が積極的に読書活動を行う意欲を高める活動において特色ある優れた実践を行っている学校・図書館・団体及び個人に対し,その実践をたたえ文部科学大臣が表彰する。

2内容

供の読書活動優秀実践校・図書館・団体(個人)に対する文部科学大臣表彰の被表彰学校・図書館・団体(鹿児島県関係)

【優秀実践校】

さつま市立田布施小学校
論町立与論中学校
立串木野高等学校

【優秀実践図書館】

崎市立図書館

【優秀実践団体(個人)】

話ボランティアグループ「紙ふうせん」(出水市)

3彰校等の紹介

表彰校等の紹介(PDF:89KB)


このページに関するお問い合わせ

教育庁社会教育課

電話番号:5336

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。