更新日:2021年2月22日

ここから本文です。

不当労働行為救済申立書

内容

  • 労働組合法第7条の規定に違反した旨を申し立てるために必要な申立書です。
  • 不当労働行為の審査は,不当労働行為救済申立てによって開始されます。
  • 申立てができるのは,不当労働行為を受けた個々の労働者と労働組合です。
  • 申立期間は,不当労働行為が行われた日(継続する行為にあってはその終了した日)から1年以内です。
  • 労働組合が申立てを行う場合は,労働委員会による資格審査が必要です。

問い合わせ先

鹿児島県労働委員会事務局
住所:鹿児島市鴨池新町10-1(県行政庁舎15階)
電話番号:099(286)3953
FAX:099(286)5653

受付窓口

鹿児島県労働委員会事務局

受付時間:開庁日の午前8時30分~午後5時15分

様式

不当労働行為救済申立書(一太郎)(JTD:50KB)

不当労働行為救済申立書(WORD:26KB)

不当労働行為救済申立書(PDF:46KB)

申請時に添付する書類

不当労働行為を疎明する書類(申立時に提出可能な場合のみ)
労働組合資格審査申請書(労働組合が申し立てる場合)等

申請時の注意点

申立書記入例を参考にしてください。

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

一太郎ビューアダウンロード

一太郎形式のファイルをご覧いただく場合には、一太郎ビューアが必要です。一太郎ビューアをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

労働委員会労働委員会事務局総務課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?