ホーム > 生活安全 > 犯罪被害に遭わないために > 街頭犯罪等の被害 > 街頭犯罪とは~被害事例とその対策~

ここから本文です。

更新日:2015年7月14日

街頭犯罪とは~被害事例とその対策~

事例1:ひったくり

歩行者が肩に提げているバッグを狙うバイク乗り
路上の違法駐車の車をさけて,道路の中央を歩いていた女性が,後方から走ってきたバイクの男にショルダーバックをひったくられた。防犯灯が少なく,バイクが高速で飛ばせる一本道だった。

ひったくり対策

  • できるだけ歩道と車道の区別のある,明るい人通りの多い道路を歩く
  • バッグ等は,車の通行と反対側に持つか胸に抱える
  • 自転車の前かごには「防犯ネット」を取り付ける
  • 常に周囲に対する警戒心をもつ
自転車の前かごには防犯ネットを

事例2:性犯罪

女性の後をつける不審者
公園内を通って帰宅途中の女性が,両側に樹木が生い茂り暗くなっているところで,後ろからつけてきた男に,いきなり背後から植栽の中に引きずり込まれ,樹木で死角になった公衆便所の中でわいせつな行為を受けた。

性犯罪対策

屋内では
  • 突然の訪問者には,ドアスコープ,ドアチェーンを活用する
  • 企業などのユニホームを着ていても簡単にドアを開けない
  • エレベーター等の密室では,知らない男性と二人きりにならない


屋外では

  • 夜間は,遠回りでも明るい大きな通りを歩く
  • 被害に遭いそうになったときは,大声で助けを求めるか防犯ブザーを鳴らす
防犯ブザーを活用しましょう

このページに関するお問い合わせ

生活安全部生活安全企画課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?