ホーム > 交通安全 > 交通安全啓発 > 自転車の安全利用

ここから本文です。

更新日:2016年1月8日

自転車の安全利用

自転車は誰でも手軽に乗れる便利な乗り物ですが,道路交通法では,自動車と同じ「車両」に位置づけられています。

自転車に乗る際は,「車両の運転者」という自覚と責任を持ち,交通ルールを守って安全に利用しましょう。

一時停止

自転車安全利用五則

  1. 自転車は,車道が原則,歩道は例外
  2. 車道は左側を通行
  3. 歩道は歩行者優先で,車道寄りを徐行
  4. 安全ルールを守る
  • 飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
  • 夜間はライトを点灯
  • 交差点での信号遵守と一時停止・安全確認

5.子どもはヘルメットを着用

歩道は車道寄りを徐行

 

自転車の運転により危険な違反行為を繰り返し行った場合,その運転者は「自転車運転者講習」の受講対象となります。

このページに関するお問い合わせ

交通部交通企画課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?