ホーム > くらし・環境 > 税金 > 森林環境税と産業廃棄物税 > 産業廃棄物税 > 鹿児島県産業廃棄物税の制度検討と今後の対応について

更新日:2015年3月31日

ここから本文です。

鹿児島県産業廃棄物税の制度検討と今後の対応について

鹿児島県産業廃棄物税条例では,平成26年度を目途に条例の施行状況,社会経済情勢の推移等を勘案し,必要があると認める時は,条例の規定に検討を加え,その結果に基づいて必要な措置を講ずることとしていたことから,今回,納税義務者である排出事業者に対する意識調査を実施し,条例の施行に伴う産業廃棄物の処理量等の推移や排出事業者の意識変化の分析,税収を活用した事業の評価等を通して産業廃棄物税の政策効果を検証し,産業廃棄物税の今後のあり方を検討しました。

討の結果,税制は,現行制度のまま継続する必要があるとの結論になりました。

しくはこちらをご覧ください。

鹿児島県産業廃棄物税の制度検討と今後の対応について(PDF:648KB)

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

総務部税務課

電話番号:099-286-2202

環境林務部廃棄物・リサイクル対策課

電話番号:099-286-2594

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?