更新日:2018年9月3日

ここから本文です。

本俣兵六踊り

〔由来〕昭和24年頃,以前兵六踊りを上演していた五社地区から,指導者二人を招いて本俣地区で始まりました。藤川天神1050年祭(昭和26年頃)に奉納以来,30年代半ば頃まで毎年9月の大祭時に上演してきました。その後,途絶えていましたが,平成4年(35年ぶり)に復活し,保存会を中心に地域が一体となり継承されています。
 
〔構成(登場人物等)〕大石兵六・吉野市助・大久保彦山坊・庄屋・和尚・小僧・老人・娘:(吉亀)・鬼人(赤・黒)・二才頭・二才中(12人)・キツネ(2匹)
 
 
〔扮装(踊りの服装)〕ワラジ・浴衣・カツラ・刀・ホラ貝等
 

〔踊りの概略〕吉野ヶ原の中程で,キツネ等の化け物が往来の人をたぶらかし,坊主にするという話です。

この兵六物語は,川上某によって書きおろされましたが,その後に毛利正直氏によって天明4年(1784年)に原本をもとに書き改められ,200余年の歳月を経て,今なお薩摩人独特の味を持つ民話として語り継がれ,踊り継がれています。
 
 

公開日時

不定期
 

公開場所

 

開催風景

狐退治に吉野ヶ原へ向かう兵六
子狐を捕らえた兵六
人間をだまそうと企む狐たち

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総務部県民生活局生活・文化課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?