更新日:2012年5月23日

ここから本文です。

加納知事の就任

加納久宜(かのうひさよし)1894(明治27)年1月,本県知事として着任して以来,1900(明治33)年9月までの6年8か月の長期にわたり県政につくしました。
当時は党争が激しく,県庁と議会も対立していました。彼は不偏不党をかかげ人事の公平を図り,本県をして全国の模範県にしようと,産業のあらゆる部門の改良・増産に,また教育の振興にも力をつくしました。
今日の県経済,教育の基盤を作り上げた功績は大で,「勧業知事」とたたえられています。「鹿児島県のことは冥土に電報せよ」と遺言したほど,鹿児島をこよなく愛した知事でもありました。
 
第6代知事,加納知事の写真

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

歴史資料センター黎明館学芸課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?