更新日:2017年11月25日

ここから本文です。

短甲・衝角付胄

よろい


短甲は,背や腹部をおおって敵の攻撃から身を守るための,丈のひくい鎧である。後ろの胴は広く高く肩までおおうが,前の胴部はせまく低く,肩までは達していない。


かぶと


冑は,頭部の防御用の武具である。とくにこの冑は先が軍艦のへさき(衝角)のような鋭い形をしているために,衝角付冑とよばれている。

これらは,鹿児島県鹿屋市西祓川地下式横穴から昭和25年に発見されたもので,県指定文化財となっている。

展示に関する情報

現在展示してあります

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

歴史・美術センター黎明館学芸課

電話番号:099-222-5100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?