ホーム > くらし・環境 > 地域振興・景観 > 地域おこし協力隊 > 鹿児島県内の地域おこし協力隊について

更新日:2018年4月13日

ここから本文です。

鹿児島県内の地域おこし協力隊について

地域おこし協力隊とは

地方自治体が,都市住民を受入委嘱する制度で,協力隊員はおおむね1年以上,最長3年地域に居住して,地域おこし活動の支援や農林漁業の応援,住民の生活支援など「地域協力活動」に従事し,地域の活性化につなげるものです。

制度の概要など,詳細は,総務省ホームページ(外部サイトへリンク)を御覧ください。

鹿児島で地域おこし!

鹿児島県の魅力は,手つかずの大自然,昔ながらの食文化,豊富な温泉,あたたかい人情など,多彩な素材の持つ,飾らない力強さや質の高さです。本質の時代と言われる現代において,人を元気にする“本物の素材”があふれているのが,鹿児島県の強みです。

世界に誇る自然環境,暮らしやすい温暖な気候,おいしい食材に恵まれた「くらし先進県」で,あなたの力を地域おこしに発揮してみませんか。

野田郷武家屋敷通り(出水市)

土盛海岸(奄美市)

阿久根大島

野田郷武家屋敷通り(出水市) 土盛海岸(奄美市)

阿久根大島(阿久根市)

鹿児島県観光サイト「本物。の旅かごしま」(外部サイトへリンク)

地域おこし協力隊員になりたい!(隊員の募集について)

地域おこし協力隊の募集は,JOIN(移住・交流推進機構)の「地域おこし協力隊」サイトや,各市町村のホームページ等を通じて各市町村から随時行われています。

このページでは,県内市町村の隊員募集情報をまとめて紹介しています。

協力隊ポスター

鹿児島県内各地で活躍している地域おこし協力隊員(H29.7現在)(PDF:703KB)

県内市町村の隊員募集状況

番号 市町村名 活動内容 募集人数 募集期間 連絡先等
1 鹿屋市

(1)観光マーケティング担当者1

(2)企画・営業担当者2

3 3月30日~4月27日

ふるさとPR課
TEL:0994-31-1176

JOIN(外部サイトへリンク)

2 阿久根市 文化施設等運営支援業務
⑴市文化施設の運営支援や舞台装置・備品等の活用支援
⑵地域文化活動の振興に係る企画立案と運営及び情報発信等の補助
⑶各種イベントの企画と運営
⑷その他,上記業務に付随する活動
1 2月19日~5月16日

生涯学習課
TEL:0996-72-1051

JOIN(外部サイトへリンク)

3 薩摩川内市 中心市街地の空間リノベーション,賑わい創出,市内企業の連携強化,経済活性化,未来のエネルギー戦略立案,市内路線バスの利用者増企画・実施,温泉街の賑わい創出,観光DMOプランナー,川内大綱引映画の支援プロモーションなど 9 随時

地域政策課
TEL:0996-23-5111

市HP(外部サイトへリンク)

4 南さつま市 (1)特産品の集約とPR及び販売機会の創出
(2)新たな地場産品の開発や販路開拓
(3)ふるさと納税返礼品の企画立案、ブラッシュアップなどのトータルコーディネイト及び情報発信
(4)ふるさと納税返礼品提供事業者との調整、連携強化
(5)その他、商工、観光振興に係る活動など
1 4月2日~4月20日

商工水産課
TEL:0993-53-2111

JOIN(外部サイトへリンク)

5 霧島市

(1)“売れる”商品開発プランナー(1名)
・霧島ならではのオリジナル商品の企画立案・開発
・既存商品のブラッシュアップ及び開発支援

(2)“繋げる”食マッチングプランナー(1名)
・国内外シェフと生産者の食材マッチング
・事業者間の連携促進と産品マッチング
・域内域外流通の管理運営

(3)“届ける”情報発信プランナー(1名)
・ウェブサイト,SNS等を活用した情報発信
・ECサイトの構築,管理,運営
・クラウドファンディングなどを活用した資金調達の実施,支援

3 4月11日~5月18日

霧島PR課
TEL:0995-64-0705

JOIN(外部サイトへリンク)

6 志布志市 農政畜産課業指導員1
学校教育課ITタブレット端末指導員1
2 4月から随時

企画政策課
TEL:099-474-1111

JOIN(外部サイトへリンク)

7 南九州市 知覧武家屋敷庭園の観光資源開発,体験型観光メニューの創出,観光情報の発信,空き家再生の支援等 1 4月中旬~6月30日 ふるさと振興室
TEL:0993-83-2511
8 三島村 【芋焼酎みしま村振興隊員】
(1)焼酎製造に係る原料サツマイモの栽培、生産振興
(2)焼酎蔵における焼酎製造作業
(3)その他、研修への参加やイベントへの協力
1 1月22日~5月31日

定住促進課
TEL:099-222-3141

JOIN(外部サイトへリンク)

9 十島村 子育て支援2
高齢者支援1
農業支援2
5 随時

住民課・地域振興課
TEL:099-222-2101

村HP(外部サイトへリンク)

10 さつま町 新規就農及び地域の活性化に関する活動等 1 4月2日~3月29日 企画財政課
TEL:0996-53-1111
11 長島町 食の魅力発信,特産品販売,獅子島地区の観光振興 2 随時

地方創生課
TEL:0996-86-1111

スタンバイ(外部サイトへリンク)

12 南大隅町 英語教員助手 1 4月1日~6月30日 企画課
TEL:0994-24-3115
13 屋久島町 整備農地における農業従事 1 4月5日~5月2日

企画調整課
TEL:0997-43-5900

町HP(外部サイトへリンク)

14 瀬戸内町 移住交流事業の支援
・地域資源(観光・特産品)の発掘,振興
・農林水産業の振興に係る支援
・集落の生活環境維持に係る支援
・高齢者の見守りに係る支援
・地域行事に係る支援
・集落の維持活性化に係る活動
・日報で活動報告
・担当,他の協力隊とのミーティング
1 3月29日~4月30日

企画課
TEL:0997-72-1112

JOIN(外部サイトへリンク)

15 徳之島町 業研修センター指導員,漁業振興支援員,文化によるまちづくり推進員 3 4月1日~3月31日 企画課
TEL:0997-82-1111
16 天城町

1.(1)各情報発信ツール(メディア)を活用した情報発信業務(2)町内の人・モノ・仕事・文化など優れた魅力を町内外に発信するための企画立案(3)町のケーブルテレビでの取材・編集等の番組制作全般に関すること(4)地域行事,コミュニティ活動への参画及び応援(5)その他地域の活性化のために町長が必要と認める活動1
2.(1)農産物流通販売体制の整備・栽培技術指導・新規品目の開拓1

2 4月5日~5月31日

企画課
TEL:0997-85-3111

JOIN(外部サイトへリンク)

応募資格,報酬,活動費,活動内容等については,市町村により異なりますので,詳しくは各市町村へお尋ねください。

JOIN(移住・交流推進機構)「地域おこし協力隊」サイト(外部サイトへリンク)

スタンバイ((株)ビズリーチ)「地域おこし協力隊」サイト(外部サイトへリンク)

県内で活動する地域おこし協力隊について

鹿児島県内の先輩隊員体験談を紹介します。

その1:元西之表市地域おこし協力隊員(遠藤未さん(なかわり生姜山農園事務局長))

私は、種子島の出身でしたが、高校卒業後から埼玉県に引越しました。久しぶりに故郷の種子島を訪れてみると過疎化が進んでおり,自分の出身校は統廃合されて無くなっていました。自分の故郷とつながる取り組みに関わりたいと思っていた時、故郷の西之表市が地域おこし協力隊を募集していたので応募しました。

種子島に来て,中割校区の「生姜山」という過疎集落に興味を持ち,この集落名に由来のある「ショウガ」栽培を軸とした地域活動を提案させてもらいました。地域の方達と手探りでのスタートでしたが,地域おこし協力隊卒業後は種子島にそのまま居住し,「なかわり生姜山農園」の事務局長として,隊員の時に開発に関わった生姜を使った季節のスイーツ教室や生姜に関する健康講座を行うなど,地域に活気を生み出そうと日々努力しています。

その2:元薩摩川内市地域おこし協力隊員(塩田耶子さん)

私は、食および旅に関する商品開発や観光案内所に関わる取組みを行っており、これまで、山下商店(地元豆腐屋さん)から豆腐の原材料となる大豆をメインに使った、植物性オンリーで仕上げた『とうふ屋さんの大豆バター』や,海のみえるアロエファーム(アロエ栽培農家さん)から,島のアロエを使った『島アロエのハーブソルト』・『島アロエのスイートビネガー』・『島アロエのヨーグルトソース』,観光ツアー商品として,集落散策の『小さな漁港のまちあるき』などの開発に携わり,主に島内や鹿児島市内などで販売も行っています。

甑島は澄んだ海がとても魅力的で、地域の団結力や若い人たちの活気もありとても気に入っています。

任期後も、観光案内所の職員として、地域の人たちと一緒に島を盛り上げていきたいと思っています。

その3:鹿屋市地域おこし協力隊員(繁昌充さん)

父母の住む鹿屋市で地域おこし協力隊となり、1年が過ぎました。地域おこし協力隊として高隈地区へ移住し生活する中で、地域と密接に係わり合う仕事をし、地域行事にも片っ端から参加し、年中無休ですが、だからこそ地域に入り込む楽しさを実感しています。高隈での活動は2年目に入り、自ら提案し実行できることも増え、ますますやりがいが出てきました。現在は、これまでの経験を活かし、林業や地域木材を活用したモノづくり・製品開発を行っており任期終了後も高隈で生活していけるような仕事作りに励んでいます。また、高隈地区コミュニティ協議会設立準備委員会の一員として、地域の魅力を発信するための観光名所の整備事業やツアーの誘致活動等を行なっています。

域の方々と一緒に汗を流し作業した後に皆で囲むご飯は最高に美味しいです。大隅半島には、まだまだ隠された魅力がたくさん隠れていると思います。これからももっと大隅の魅力を発見し伝えていきたいと思っています。

 

その4:志布志市地域おこし協力隊員(小松さん)

小松泉さん2015年5月に着任してから、最初に携わらせて頂いたのが英語の字幕制作でした。
鹿児島県下3大祭りの1つ「志布志お釈迦まつり」の様子をまとめた映像を内閣府主催の「あなたのまちの地方創生動画大募集」にエントリーする際、海外の方にも見てもらえるようにとナレーションの英文翻訳のお話を頂きました。最終的に、この動画は優秀作品に選定され、BS日テレでもオンエアされました。
の後は、6月末の夏越しの大祓の儀に開催される「夏越しそばまつり」茅の輪くぐりの演出を行い、8月の「志布志みなとまつり」では市の情報発信プラットフォーム“シシガーデン”とコラボレーションをして、花火大会の生中継を地域おこし協力隊メンバー全員で行いました。
11月の大隅の國やっちく松山藩「秋の陣まつり」で姫や武者の姿でパレード参列した事も印象深く、着任してまだ一年も経っていないのに、どれもこれも貴重な体験ばかり味わわせて頂きました。志布志市は地域の方たちの「自分たちで地域を盛り上げていこう」という意識が非常に高い場所だと思います。フェイスブックには大きなイベント以外の日々の活動についても発信していますが、最近では初対面の方にごあいさつする時“会うのは初めてですけど、いつもフェイスブック読んでいますよ☆”と声をかけてもらうことも多くなり大変励みになっています。これからも「志プロデューサー」として「笑顔と志あふれるまち」志布志市の溢れる魅力を少しでもPRできたらと思います。

 

力隊員の体験談については,今後も,順次掲載予定です。

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

企画部地域政策課

電話番号:099-286-2424

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?