ホーム > 産業・労働 > 林業・水産業 > 林業 > 木材情報 > 県産材を使用したオフィス家具を開発しました

更新日:2012年3月9日

ここから本文です。

県産材を使用したオフィス家具を開発しました

開発の目的

県産材の利用を図るため,オフィス家具メーカーの岡村製作所(横浜市西区)と共同で,県産材を用いたオフィス家具「HAGI」シリーズを開発しました。これまで木材があまり使われることのなかったオフィス空間に,県産のスギを使用した製品を普及させることで,県産材のさらなる利用拡大を図ります。

「HAGI」シリーズの特徴

木目の美しさを生かした接ぎ(はぎ)構造の天板面が特徴で,デザイン性が高く,機能的な木製家具です。机やいす,キャビネットのほか,受付カウンターやベンチなども開発され,オフィスや病院,役場など,さまざまな空間で利用できます。

「HAGI」(はぎ):木材業界の用語で,木材をつなぐことを「接ぐ(はぐ)」と表現しており,これに由来します。

写真:4人用ワークステーションレイアウト例写真:ボックス収納セット

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

環境林務部かごしま材振興課

電話番号:099-286-3366

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?