ホーム > 産業・労働 > 林業・水産業 > 林業 > 木材情報 > 「日本の木材活用リレー~みんなで作る選手村ビレッジプラザ~」かごしま材出発式について

更新日:2019年8月19日

ここから本文です。

「日本の木材活用リレー~みんなで作る選手村ビレッジプラザ~」かごしま材出発式について

令和元年8月5日,肝付町内の製材工場敷地内にて,東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会における選手村ビレッジプラザ建設に向けて,提供するかごしま材(CLT)の出発式を行いました。

出発前の様子出発式

1取組の概要

鹿児島県は,公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が実施している「日本の木材活用リレー~みんなで作る選手村ビレッジプラザ~」プロジェクトに,事業協力者として参加しています。

このプロジェクトは,東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が,選手村ビレッジプラザの建設に必要な木材を提供する事業協力者(地方公共団体)を全国から公募し,平成29年10月に本県を含む63自治体が選定されました。

提供した木材は,大会終了後に解体・返却され,大会のレガシーとして県内で再利用する予定です。

2選手村ビレッジプラザとは

所在地 東京都中央区晴海四丁目
構造,延床面積 木造・平屋建て,約6,000平方メートル
施設の用途 チーム歓迎式典、花屋・雑貨店等の店舗、カフェ、メディアセンター等

選手村ビレッジプラザ外観イメージ

(2018年10月時点のイメージ/ⒸTokyo2020)

3提供した木材

CLT(直交集成板)約100平方メートル

  • CLTとは,ひき板を繊維方向が直角に交わるよう重ねて接着した大判パネルです。
  • 原木は,霧島市福山県有林のスギ材を使用しています。

CLT

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

環境林務部かごしま材振興課

電話番号:099-286-3366

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?