閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > 産業・労働 > 林業・水産業 > 森林整備 > 保安林 > 県が発注する森林整備業務に係る競争入札制度の導入について

更新日:2021年9月8日

ここから本文です。

県が発注する森林整備業務に係る競争入札制度の導入について

鹿児島県環境林務部が所管する森林整備業務については,入札・契約制度の公正性,透明性及び競争性を高めるため,競争入札制度を導入しています。

1対象業務

  • 鹿児島県が発注する治山事業及び県営林事業における植栽,下刈り,除・間伐,本数調整伐等の森林整備及びその他の付帯作業。

2入札参加資格要件

  • 「役務の提供等の業務に関する契約に係る競争入札参加資格審査要綱」(平成14年11月29日告示第1481号)第7条第3項の規定により役務の提供等の業務(森林整備業務)に関する契約に係る競争入札参加資格を有すると決定された者であることとなっています。
  • なお,本資格審査申請を行うためには,認定林業事業体で以下の要件を満たす必要があります。
 

要件

項目

内容

ア専門技術者等
事業の実施に必要な専門技術者及び特殊技能者をそれぞれ1名以上雇用していること

(1)専門技術者
○社団法人日本森林技術協会の認定する林業技士
○建設業法施行令第27条の3に基づく土木施工管理技士
又は造園施工管理技士
○知事又は財団法人鹿児島県林業担い手育成基金理事長が認定した
基幹林業作業士,林業技能作業士,林業作業士

○林業労働力の確保の促進に関する法律に基づく資金の貸付け等に関する省令に基づき登録した
フォレストワーカー[林業作業士],フォレストリーダー[現場作業責任者],フォレストマネージャー[統括現場責任者]
(2)特殊技能者
○林業・木材製造業労働災害防止協会鹿児島県支部等が実施する
チェンソー作業特別講習を受けた特殊伐木技能者・伐木技能者
○刈払機安全衛生教育講習を受けた刈払技能者

イ事務職員 事務職員を1名以上有すること
ウ作業職員 技術系職員及び作業員を併せて5名以上有すること
エ社会保険等 技術系職員及び作業員が健康保険,雇用保険,林業退職金共済制度,中小企業退職金制度,厚生年金のいずれか1つ以上に加入し,かつ労働者災害補償保険に加入していること
  • 認定林業事業体とは,「林業労働力の確保の促進に関する法律」(平成8年法律第45号)第5条第3項により鹿児島県知事が認定した事業体。

3参加資格の有効期間

今期:令和2年1月1日から令和3年12月31日まで

次期:令和4年1月1日から令和5年12月31日まで

※「次期」:令和3年10月1日から10月31日まで入札参加申請期間です。

4その他

入札参加希望者は,「役務の提供等の業務」の「26森林整備業務」に登録申請をしてください。
 
申請時期や方法,様式については,鹿児島県出納局管財課へお尋ねください。
 
 
なお,参考として資格審査申請書(森林整備業務)の記入例及び森林整備実績調査票の様式を掲載します。

5問い合わせ

鹿児島県環境林務部森づくり推進課保安林係
直通ダイヤルイン:099-286-3390
ファックス番号:099-286-5611

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

環境林務部森づくり推進課

電話番号:099-286-3390

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?