ホーム > 健康・福祉 > 社会福祉 > 社会福祉関連情報 > 小中・高校生と介護職員等との相互訪問

更新日:2015年12月4日

ここから本文です。

小中・高校生と介護職員等との相互訪問

福祉・介護の仕事に対する理解を深めるため,小中学生や高校生と介護事業所など福祉の現場で働く職員等が相互訪問や交流を行う事業です。

(1)護職員等の学校訪問

施設で働く介護職員や介護福祉士養成施設の学生等が,小中学校や高校を訪問します。
児童や生徒に対して,介護の仕事の内容や魅力や養成施設で学んでいること等について講義をしたり,高校生とのトークセッションや児童・生徒との交流行事等を行います。

ちらし1

小中高校生と介護職員等との相互訪問チラシ1(PDF:450KB)

(2)中学生・高校生の介護事業所等訪問

小中学生や高校生が介護事業所など福祉の職場や介護福祉士養成施設を訪問し,介護の仕事を見学したり体験するほか,施設の利用者や介護福祉士を目指す学生との交流等を行います。
ちらし2

小中高校生と介護職員等との相互訪問チラシ2(PDF:250KB)

申込み・お問い合わせ先

学校(学級・学年など),介護事業所ごとにお申し込みください。
鹿児島県社会福祉協議会祉人材・研修センター
電話099(258)7888
FAX099(250)9363

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部社会福祉課

電話番号:099-286-2824

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?