更新日:2015年10月21日

ここから本文です。

妊娠中と産後の食事について

娠期及び授乳期は,お母さんの健康と赤ちゃんの健やかな発育にとって大切な時期です。
事は1日3食とること,特定の料理や食品に偏らないように気をつけることが望まれます。
の厚生労働省のパンフレットに掲載されている「妊産婦のための食事バランスガイド」を参考に,「主食」,「副菜」,「主菜」,「牛乳・乳製品」,「果物」の5グループの料理や食品を組み合わせて,それぞれ適量をとりましょう。

た,食品安全委員会作成の次の資料には,これからお母さんになる妊婦の方に,食生活を考える上で知っておいていただきたい情報が項目別に紹介されています。生まれてくる赤ちゃんとお母さん自身のために,正しい知識を身につけて,健康的な食生活を送りましょう。

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部子ども福祉課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?