更新日:2018年9月4日

ここから本文です。

飼料に関する情報

1.概要

  • 本県における飼料作物の作付面積は,近年,ほぼ横ばいのおおむね28千ヘクタール台で推移していますが,近年は,田が増加,畑が減少する傾向にあります。これは,水田における飼料用稲(WCS用稲,飼料用米)の作付面積の急激な増加が原因の一つとして考えられます。
  • 大家畜の飼料自給率に関しては,近年,飼料全体の自給率,粗飼料自給率ともに,増加傾向にあります。

 

 

2.詳しい情報

飼料に関する詳しい情報(PDF:921KB)

  • 本県の飼料生産の動向
  • 飼料作物の作付状況
  • 飼料用稲の作付状況
  • 稲わらの利用状況
  • 放牧利用の状況
  • 飼料生産受託組織(コントラクター)の取組状況
  • 地域低・未利用資源の飼料利用の状況
  • 大家畜の飼料自給率
  • 大家畜の飼料自給率の現状と目標
  • 粗飼料の輸入状況
  • 配合・混合飼料工場等関連施設
  • 配合・混合飼料の流通の概要
  • 本県における配合・混合飼料の生産量・出荷量及び流通量の推移
  • 配合飼料価格の動向
  • 配合飼料価格決定要因の動向
  • 飼料穀物の輸入動向
  • 飼料の総合需給の推移

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農政部畜産課

電話番号:099-286-3219

(担当:耕畜連携飼料対策係)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?