更新日:2019年2月4日

ここから本文です。

生産履歴票作成ツール

目的

年の農業経営では,経営規模の拡大や消費者ニーズに対応した農畜産物の生産等,高度な経営管理を求められています。一方,IoT,AI等を活用したスマート農業の実現に向けた各種施策が展開され,データの有効活用が課題の一つです。

の解決に向けた取組の一環として,当センターでは農業革新支援専門員が中心となって,生産工程管理システムの出力データをもとに,ほ場ごとの作業履歴や生産実績等を帳票として印刷する「生産履歴票作成ツール」を作成しました。大規模経営においてもほ場ごとの細やかな栽培管理等が可能となり,生産実績と組み合わせたほ場別の経営改善にも活用できます。

概要

産工程管理システムから出力した作業履歴や生産実績等のエクセルまたはCSVファイルをもとに,ほ場ごとの生産履歴票を作成します。
徴は次のとおりです。

  • 生産工程管理システムの出力データの項目の中から,生産履歴票に記載項目を自由に選択できます。
  • 同じほ場番号であれば,2つの出力データをひとつの履歴票に印刷できます(生産履歴と生産実績が異なる出力データである場合や,前年と当年の生産履歴を比較したい場合などに有効)。
  • 社内検討用や取引先提出用など複数のフォーマットを作成・登録できます。また,それらを切り替えて使用することができます。

イメージ図

利用条件

  • すべて利用者の責任において利用することとし,万一利用により損害が発生しても当センターは一切責任を負いません。
  • 改善要望には一切応じません。
  • 生産工程管理システムによっては,出力データをエクセルで加工する必要があります。

利用環境

クセル2010,2013及び2016において,マクロが有効な環境

ダウンロード

生産履歴票作成ツールマニュアル(PDF:1,337KB)

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農政部農業開発総合センター企画調整部

電話番号:099-245-1118

普及情報課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?