ホーム > 社会基盤 > 土地・建設業 > 建設業の経営革新・新分野進出 > 県発注工事に係る工事請負代金債権の譲渡を活用した融資制度

更新日:2009年7月2日

ここから本文です。

県発注工事に係る工事請負代金債権の譲渡を活用した融資制度

建設業を営む皆様へ

県発注工事に係る工事請負代金債権の譲渡を活用した融資制度が設けられていますので,工事施工資金の調達にご活用ください。
 
  •  国発注工事についても利用できます。国の工事発注機関にご相談ください。
  • 市町村発注工事についても,利用可能な市町村があります。各市町村にお問い合わせください。

地域建設業経営強化融資制度

県発注工事を受注・施工している中小・中堅建設企業が,県に対して有する工事請負代金債権を,県の承諾を得て債権譲渡先に譲渡担保として提供し,工事未完成部分相応額も含め融資を受けることができる制度です。
 
 

下請セーフティネット債務保証事業

県発注工事を受注・施工している中小・中堅建設企業が,県に対して有する工事請負代金債権を,県の承諾を得て債権譲渡先に譲渡担保として提供し,工事完成部分相応額について融資を受けることができる制度です。
 
 
 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

土木部監理課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?