更新日:2019年5月7日

ここから本文です。

危険物取扱者

「消防法」により危険物施設としての許可を受けた施設においては,危険物取扱者の資格を有する人を置かなければなりません。危険物取扱者の資格は,その取り扱うことができる危険物の種類等によって,甲種・乙種及び丙種の種類があります。本県の危険物取扱者試験は,毎年6月,11月,2月の年3回,一般財団法人消防試験研究センターが実施しています。(鹿児島県支部電話番号:099-213-4577)

令和元年度危険物取扱者試験及び消防設備士試験実施計画(PDF:67KB)

【受験資格】

甲種

  1. 大学,短期大学,高等専門学校で化学に関する学科,課程を修めて卒業した者又はこれに準ずる学力を有すると認められる者
  2. 乙種危険物取扱者免状の交付を受けた後2年以上危険物取扱の実務経験を有する者

乙種・丙種

誰でも受験できます。

危険物取扱者免状

危険物取扱者免状の種類と取扱うことができる危険物の種類は,次のとおりです。
免状の種類 取扱いのできる危険物
甲種 全種類の危険物
乙種 第1類 塩素酸塩類,過塩素酸塩類,無機過酸化物,亜塩素酸塩類の酸化性固体
第2類 硫化りん,赤りん,硫黄,鉄粉,金属粉,マグネシウムなどの可燃性固体
第3類 カリウム,ナトリウム,アルキルアルミニウム,黄りんなどの自然発火性物質及び禁水性物質
第4類 ガソリン,アルコール類,灯油,軽油,重油,動植物油類等の引火性液体
第5類 有機過酸化物,硝酸エステル類,ニトロ化合物等の自己反応性物質
第6類 過塩素酸,過酸化水素,硝酸等の酸化性液体
丙種   ガソリン,灯油,軽油等

危険物取扱者試験

危険物取扱者試験の種類とその試験科目・問題数は,次のとおりです。
種類 試験科目 問題数
甲種 危険物に関する法令 15問
物理学及び化学 10問
危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法 20問
乙種 危険物に関する法令 注15問
基礎的な物理学及び基礎的な化学 注10問
危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法 10問
丙種 危険物に関する法令 10問
燃焼及び消火に関する基礎知識 5問
危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法 10問
乙種(第1類から第6類)のいずれかの類の免状の交付を受けている者は,他の類を受験する場合,「注」印を付した問題全問が免除されます。

講習会等実施計画

一般社団法人鹿児島県危険物安全協会では危険物取扱者試験のための「受験準備講習会」と,危険物取扱者保安講習(法定講習)を以下のとおり実施することとしています。

詳しい日程等は以下の「平成30年度講習会等実施計画」を御参照ください。

平成30年度講習会等実施計画(PDF:753KB)

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

危機管理防災局消防保安課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?