ホーム > 地域振興局・支庁 > 北薩地域振興局 > 産業・労働 > 農業農村整備 > 浅層暗渠排水工事(シートパイプ)について

更新日:2021年3月12日

ここから本文です。

浅層暗渠排水工事(シートパイプ)について

水市高尾野町下水流にある東干拓の水田地域において,平成20年度からシートパイプによる浅層暗渠排水工事を実施しました。

1ートパイプ工法とは

シート状の製品をパイプ状に丸めて地中(田んぼや畑の下)に埋設して,排水処理を行う工法です。

シートについて

2水市高尾野町での施工内容について

(1)施工箇所水準測量

工する水田の高さ(地盤高)を測定し,基準となる標高を決定します。

(2)ピット掘削

イパーを設置する箇所の掘削を行います。埋設する深さ(水田の地盤高から,丸めたパイプの底までの深さ)は50cmで,その高さになるように掘削していきます。

(3)シートパイプの引き込み

イパーの先端部分をブルドーザの後ろに取り付けて,引っ張っていきます。パイパーにより,パイプ状に形成されながら引っ張られます。シートパイプは勾配をつけずにレベルで敷設します。

シート布設手順

(4)通気口

ートパイプ1本につき1箇所設置します。高尾野町で実施している水田の区画は短辺50m×長辺100mです。パイプは3m間隔で設置していきますので,水田1枚につき,約15本程度のパイプを埋設することになります。よって,通気口も1枚の水田に15箇所程度設置することになります。

(5)排水口,管理口

ートパイプ4本を1本の排水パイプに集約して排水します。

(6)ピット部の埋戻

(7)完成

問い合わせ先

県内ではあまり例のないシートパイプによる浅層暗渠排水工事です。
施工後状況

詳細については,北薩地域振興局農林水産部農村整備まで問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

北薩地域振興局農林水産部農村整備課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?