ホーム > 鹿児島県暴力団排除条例第22条第1項の規定に該当する者の公表

ここから本文です。

更新日:2016年8月12日

鹿児島県暴力団排除条例第22条第1項の規定に該当する者の公表

鹿児島県暴力団排除条例

鹿児島県暴力団排除条例(平成26年条例第22号)第22条第1項の規定に基づき

鹿児島県公安委員会が求めた説明または資料の提出について,

  • 正当な理由なく拒んだ者
  • 虚偽の説明若しくは資料の説明をした者

正当な理由なく勧告に従わない者

を次のとおり公表します。

 

鹿児島県暴力団排除条例(平成26年鹿児島県条例第22号)第21条の規定により勧告を受けた者が正当な理由がなく当該勧告に従わなかったので,同条例第22条の規定に基づき,平成28年8月4日の鹿児島県公安委員会の決定により,次のとおり公表する。

平成28年8月12日

                                      鹿児島県公安委員会委員長 野田 健太郎

1 勧告に従わなかった者の氏名及び住所

氏名 東健次

住所 鹿児島市

2 行為の内容

 標記の者は,指定暴力団六代目山口組三代目弘道会米川組内野興業幹部であり,平成26年7月1日から平成27年5月20日までの間,鹿児島県内でガソリンスタンドを営む事業者が,暴力団の活動を助長し,又は暴力団の運営に資することとなることを知りながら,標記の者が使用する普通乗用自動車1台を事業者の敷地に無償で駐車させたことに対し,その情を知って,鹿児島県暴力団排除条例第16条第1項の規定に違反する利益の供与を受けたことにより,同条例第21条の規定による勧告を受けた者であるが,正当な理由なく当該勧告に従わず,平成27年12月12日及び21日,高値で転売する目的で,その情を知った精肉卸販売等を営む事業者からハムの詰め合わせ105個を代金約34万円で購入し,もって暴力団の活動を助長し,又は暴力団の運営に資することとなる利益の供与を受けたものである。

  • 注意

この公表後に,是正措置を講じた者が含まれる場合があります。

 

 

このページに関するお問い合わせ

刑事部組織犯罪対策課

電話番号:099-206-0110

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る