ホーム > 交通安全 > 交通安全啓発 > 一般道路におけるタンデム自転車での走行について

ここから本文です。

更新日:2018年10月25日

一般道路におけるタンデム自転車での走行について

平成30年11月1日から,タンデム自転車で一般道路が走れます。

  • 鹿児島県では,道路交通法施行細則の一部を改正し,タンデム自転車で一般道路の走行が可能となりました。
  • 都道府県によって,タンデム自転車に関する規定が異なりますので,ご注意ください。

タンデム自転車の特徴と注意点について

タンデム自転車とは,二人乗り用としての構造を有し,かつ,ペダル装置が縦列に設けられた自転車です。

  • 一般の自転車と比較すると,車長が長いため,小回りが効きません。
  • 二人で漕ぐためスピードが出やすく,上り坂が楽になります。
  • 歩道は通行不可で,普通自転車とは交通ルールが異なります。
  • 乗車者同士のコミュニケーションをとるには,事前の練習が必要となります。

タンデム自転車の乗車にあたって

  • 一般道路を走行できるタンデム自転車は,二人乗り用に限定されます。
  • 運転者は16歳以上,同乗者は幼児(6歳未満)以外の者1人とされます。
  • 自転車専用道路では,従来どおり,三人乗り以上(乗車装置の数)のタンデム自転車が走行できます。

その他参考事項

タンデム自転車に関するその他の規定等については,鹿児島県警察が発行しているチラシを見てご確認ください。

タンデム自転車チラシ(表)(PDF:314KB)

タンデム自転車チラシ(裏)(PDF:260KB)

 

 

このページに関するお問い合わせ

交通部交通企画課

電話番号:5026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

あなたのまちの警察署・交番駐在所