ホーム > かごしまの自然を学ぼう! > 国立公園と世界遺産

ここから本文です。

国立公園と世界遺産

日本初の国立公園

霧島(きりしま)は、昭和9(1934)年に日本で最初の国立公園に指定されました。

その30年後の昭和39(1964)年には、桜島(さくらじま)地区、指宿(いぶすき)地区、佐多(さた)地区からなる錦江湾(きんこうわん)地域(ちいき)と、屋久島(やくしま)地域(ちいき)が追加で指定されて、「霧島屋久(きりしまやく)国立公園」となり、自然環境(かんきょう)が大切に保護(ほご)されてきました。

平成24(2012)年には、火山活動によってできた地形や景観(けいかん)が中心の「霧島錦江湾(きりしまきんこうわん)国立公園」と、独特(どくとく)の生態系(せいたいけい)の景観(けいかん)をもつ「屋久島(やくしま)国立公園」とに分割され、新たな国立公園として生まれ変わることになりました。

鹿児島のシンボル「桜島(さくらじま)」

桜島(さくらじま)は標高1,117メートル、周囲52キロメートルの、錦江湾(きんこうわん)に浮かぶ(うかぶ)活火山です。

噴煙(ふんえん)をあげる活火山からわずか4キロメートルしか離れ(はなれ)ていない場所に、鹿児島市のような大きな都市があるのは、世界的に珍しい(めずらしい)ことです。

世界最大の桜島(さくらじま)だいこんと、世界最小の桜島(さくらじま)小みかんの産地としても有名です。

桜島(さくらじま)の名前の由来

神話に登場するコノハナサクヤヒメからとったという説や、10世紀中頃(なかごろ)に大隅守(おおすみのかみ)として赴任(ふにん)してきた桜島忠信(さくらじまたたのぶ)の姓(せい)からとったという説のほか、古代の桜島(さくらじま)大噴火(ふんか)の時に海面にサクラの花びらが舞った(まった)ので桜島(さくらじま)となったという説などがあります。

実際に桜島(さくらじま)と呼ばれるようになったのは江戸時代前期の元禄(げんろく)の頃からで、それ以前は「向島(むこうじま)」と呼んでいました。

大正3年の噴火(ふんか)で陸続きに

昔は錦江湾(きんこうわん)に浮かぶ(うかぶ)島でしたが、大正3(1914)年の大爆発(ばくはつ)による溶岩(ようがん)で、それまで対岸にあった大隅半島(おおすみはんとう)との間の瀬戸海峡(せとかいきょう)が埋まって(うまって)陸続きになりました。爆発(ばくはつ)によって、なんと30億トンの溶岩(ようがん)が流れ出たといわれています。

昔は山頂(さんちょう)まで登れた

以前は登山ができ、大久保利通(おおくぼとしみち)も登ったことがあるそうです。大正3(1914)年の大爆発(ばくはつ)以降(いこう)も穏やか(おだやか)で、頂上(ちょうじょう)までの登山もできました。桜島(さくらじま)登山リレーも盛ん(さかん)に行われ、昭和21(1946)年の大噴火(ふんか)の後も、南岳(みなみだけ)を駆け(かけ)上る登山リレーが行われていたそうです。

ところが、昭和30(1955)年に噴火(ふんか)した時に北岳で死傷(ししょう)者が出たので、それからは登山禁止(きんし)になりました。

燃(も)ゆる思ひ

我(わが)むねの
燃(も)ゆる思ひにくらぶれば
煙(けむり)は薄し(うすし)
桜島(さくらじま)山

桜島(さくらじま)を詠ん(よん)だ歌として有名な一首(いっしゅ)です。実はこの作者は鹿児島の人ではなく、元福岡藩士(はんし)の平野国臣(ひらのくにおみ)で、国を追われ、失望した胸(むね)の内を詠んだ(よんだ)ものです。

世界自然遺産(いさん)の島久島(やくしま)

鹿児島市から南方へ135キロメートルの場所にある屋久島(やくしま)は平成5(1993)年、日本で初めて世界自然遺産(いさん)に登録されました。

植生(しょくせい)の垂直(すいちょく)分布(ぶんぷ)

照葉樹(しょうようじゅ)の豊か(ゆたか)な森が広がる屋久島(やくしま)。海岸のマングローブから、標高約1,000メートルまでの照葉樹林(しょうようじゅりん)帯、約1,800メートルまでのスギ樹林(じゅりん)帯、山頂(さんちょう)付近の草原帯など、標高が上がるにつれて育つ植物が変化する植生(しょくせい)の垂直(すいちょく)分布(ぶんぷ)が見られます。

ひと月の35日は雨?

小説家の林芙美子(はやしふみこ)が小説「浮雲(うきぐも)」に書いたように、屋久島(やくしま)はひと月に35日は雨が降って(ふって)いるように感じるほど雨の日が多い島です。1年間に降る(ふる)雨の量は、平地で4,000ミリメートル前後、山岳(さんがく)部で8,000~1万ミリメートルで、鹿児島市の約2,200ミリメートルと比べる(くらべる)といかに多いかがわかります。

南の島なのに雪が降る(ふる)

南の島の屋久島(やくしま)は、海岸や平地は年間の平均(へいきん)気温が約20度の亜熱帯(あねったい)の気候ですが、九州で一番標高(ひょうこう)が高い宮之浦岳(みやのうらだけ)の山頂(さんちょう)部は、年間平均(へいきん)気温が推定(すいてい)6~7度で、冬には数カ月も雪に覆わ(おおわ)れます。このため、北海道など寒い地域(ちいき)でしか育たない植物も見ることができ、「洋上のアルプス」ともいわれています。

映画のイメージにもなった神秘(しんぴ)の森

屋久島(やくしま)の白谷雲水峡(しらたにうんすいきょう)は、映画「もののけ姫(ひめ)」の舞台(ぶたい)のイメージの源(みなもと)となったといわれており、ヤクスギと照葉樹(しょうようじゅ)とが混生(こんせい)した、すばらしい眺め(ながめ)を楽しめます。渓流(けいりゅう)沿いの散策(さんさく)コースを奥に進むと、足元がシダやコケ類(るい)で緑に覆われた(おおわれた)「苔(こけ)むす森」の神秘的(しんぴてき)な世界が広がっています。

シカやサルがたくさん生息(せいそく)

ヤクシカは約9,000~16,000頭、ヤクシマザルは約9,000~19,000頭が生息(せいそく)するとみられていますが、確か(たしか)な頭数は分かっていません。
ヤクシカはニホンジカの亜種(あしゅ)で、ヤクシマザルはホンドザルより小さい体をしています。ヤクシカは海岸近くの低い山から標高2,000メートルの山頂(さんちょう)まで、広い範囲(はんい)で暮らし(くらし)ています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?