ここから本文です。

島々

日本一の離島(りとう)の数

鹿児島県にはたくさんの離島(りとう)があり、離島(りとう)の面積・人口ともに全国第1位です。

離島(りとう)が多いことから、港湾(こうわん)の数も131と日本一。鹿児島県全部の海岸線の長さを合わせると2,643キロメートルにもなり、これは北海道の宗谷岬(そうやみさき)から沖縄(おきなわ)県の宮古島(みやこじま)までの距離(きょり)とほぼ同じです。

ユニークな島がたくさん

世界自然遺産(いさん)の島として有名な屋久島(やくしま)や、宇宙センターのある種子島(たねがしま)など、鹿児島県には全国から注目を集める島がたくさんあります。

種子島(たねがしま)はサーフィンのメッカとしても有名で、全日本選手権(せんしゅけん)も行われるほどです。サーフィンが縁(えん)で移住(いじゅう)してきた人もたくさんいます。

シドニーオリンピックの金メダリスト高橋尚子(たかはしなおこ)さんが合宿に訪れ(おとずれ)ていた徳之島(とくのしま)には、周回31キロメートルの「尚子(なおこ)ロード」があります。

奄美群島(あまみぐんとう)の島々は、スギの木がとても少なく、花粉症(かふんしょう)になる人はほとんどいません。そのため「スギ花粉(かふん)の少ない島」として注目され、花粉症(かふんしょう)の季節になると、花粉(かふん)を避けて(さけて)島々を訪れる(おとずれる)人たちもいるほどです。

また、長寿(ちょうじゅ)の島としても知られています。平成21年10月時点で、人口10万人あたりの100歳(さい)以上の人数は、全国平均(へいきん)では31人程度(ていど)ですが、奄美群島(あまみぐんとう)では116人以上もいます。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?