閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > 県政情報 > 財政・予算 > 歳入・歳出 > 県の予算規模・歳入予算

更新日:2022年3月23日

ここから本文です。

県の予算規模・歳入予算

令和4年度の当初予算の規模は,一般会計において8,699億3百万円,特別会計において4,058億56百万円となっており,前年度当初予算と比較して,一般会計において255億28百万円,3.0パーセントの増,特別会計において203億27百万円,4.8パーセントの減となっています。
R4当初予算(推移)


令和4年度当初の一般会計歳入予算の主なものとしては,地方交付税が最も構成比が大きく31.6パーセント,次いで国庫支出金が23.2パーセント,県税が18.1パーセント,県債が8.7パーセントとなっています。
また,この歳入予算について,県税,分担金・負担金,使用料・手数料などのように県が自主的に調達できる自主財源と,地方交付税,国庫支出金,県債などのようにその調達を他に依存しなければならない依存財源の比率をみると,自主財源が32.8パーセント,依存財源が67.2パーセントとなっています。
 
R4当初予算(歳入)

(注)端数処理のため「自主財源」「依存財源」の金額及び構成比は内訳の計と必ずしも一致しない。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総務部財政課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?