更新日:2017年1月31日

ここから本文です。

止上神社田之神舞

花模様の分厚い綿入れを着て蓑笠をかぶり、ヒョットコの面を付け、左手に「止上(とがみ)神社」と書かれた大きなしゃもじ、右手に鈴を持った田之神が、笛太鼓にあわせて舞います。四季折々の歌を唱え舞っていると「見苦しいものは外へ」と言われて地面を叩いて怒ります。やがて機嫌をなおし、鹿児島弁を交えて面白おかしく口上を述べ、見物客の笑いを誘います。
次に、鍬を担いだ農民が、田植え準備の畦とり作業を見物客との掛け合いを交えながら、ユーモラスに繰り広げます。畦とりが終わると大きな面をした牛が現われ、それに馬鍬(マンガ)を引かせて田を整地します。嫌がる牛を宥めながら整地を行いますが、突然牛が離れて暴れだします。見物していた子どもたちが牛に砂を投げつけると、子牛も出てきて子どもたちを追い回し、境内をわかせます。
 
【問い合わせ先】霧島市役所

公開日時

旧暦1月24日に近い日曜日(初午祭の1週間後)お田植祭
 

公開場所

開催風景

田之神舞
農民による畦とり
牛がマンガを引く様子

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総務部文化スポーツ局文化振興課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?