更新日:2009年4月21日

ここから本文です。

井之川夏目踊り

 徳之島町の井之川では、旧暦七月に、人々が先祖に対し収穫感謝のお祝いをする「浜下り」祭りが、三日間にわたって行われます。
 一日目に浜にヤドゥリ(仮小屋)と簡単なかまどを作ります。
 二日目に人々は一族ごとにヤドゥリに集まって酒肴をし、夜になると「でんだらこ」の唄とともに踊りがはじまります。次々と曲が続き、盛り上がるのにあわせて、集落の各家々を回り始めます。踊り手が歌い手で、その何人かがチヂン(太皷)を打ちます。律動的なその動きは、本土には見られない種類のものです。これを「夏目踊り」といい、祭りは別に「夏の正月」とも言われ、人々は歳を一ツ重ねます。フンナイという稲の1年間の栽培周期のけじめにあたることと関係しているようです。そのため「夏目踊り」の夏目は「夏折目」からきたと言われます。
 三日目は公民館でハマギノをします。かつてはニィンケ(水かけ)行事もして、これも賑やかであったそうです。
 浜下り行事は、もともと旧盆後の丙、丁、戊に行われ、丁の夜に夏目踊りが踊られていましたが、現在は新盆後の最初の土日に踊られています。
 この井之川夏目踊りは、平成13年4月27日に鹿児島県指定無形民俗文化財に指定されています。
 
【問い合わせ先】徳之島町役場 

公開日時

 お盆後の最初の土曜、日曜

公開場所

 

開催風景

祭り初日
浜下り
夏目踊り

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総務部文化スポーツ局文化振興課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?