閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

更新日:2022年4月15日

ここから本文です。

鹿児島県史料


昭和43(1968)年に鹿児島県維新史料編さん所が設置され,鹿児島県の歴史文化の解明を目的に『鹿児島県史料』の刊行が開始されました。これまで「旧記雑録」と「幕末維新」の時代区分による2冊体制での刊行に取組み,令和3年度までに104冊を刊行しました。

『鹿児島県史料』画像

令和3年度刊行「鹿児島県史料」について

  • 『旧記雑録拾遺神社調一』
    年度から刊行が開始される「神社調」は,旧薩摩藩領である薩摩・大隅・日向諸県郡の寺社の由緒・関係文書・歴代住職名等が計40冊にわたって書き上げられたものです。
    行最初の巻となる本冊の内容は,旧薩摩藩領内の主な神社の記事を網羅した「府内及各郷(上~下)」と鹿児島城下の寺社関係文書等を掲載した「鹿児島部(一~四)」,現在の鹿児島市吉田・郡山地域及び日置市伊集院地域の寺社に関する記載をまとめた「薩摩国之部一」となります。
  • 『市来四郎史料二』
    平成30年度に刊行した『市来四郎史料一』の後を受けて,東京大学史料編纂所蔵の「旧邦秘録」文久二年一~三,文久三年一・二を収録しました。「旧邦秘録」は市来四郎が編集し,島津久光が加筆した編纂物で,文久2(1862)年が7巻3冊,同3年が24巻10冊,元治元(1864)年が32巻10冊,合計63巻23冊,他に「中稿旧邦秘録」が63巻23冊,「旧邦秘録材料」が188冊あります(すべて東京大学史料編纂所蔵)。本巻には文久2年正月年首から同3年4月29日迄の合計11巻分を収めました。この間に起こった坂下門外の変・寺田屋騒動・大原重徳東下・生麦事件・軍制改革・琉球通宝鋳造など重要な出来事が数多く収録されています。

これまでに刊行した「鹿児島県史料」のPDFファイル

平成23年度
【旧記雑録】『記録所史料一』全(PDF:3,091KB)
【幕末維新史料】『名越時敏史料二』(1)(PDF:4,575KB)(2)(PDF:4,499KB)(3)(PDF:1,314KB)

平成24年度
【旧記雑録】『記録所史料二』(1)(PDF:4,460KB)(2)(PDF:4,559KB)(3)(PDF:4,463KB)(4)(PDF:2,548KB)
【幕末維新史料】『名越時敏史料三』(1)(PDF:4,598KB)(2)(PDF:4,608KB)(3)(PDF:1,941KB)

平成25年度
旧記雑録】『地誌備考一』(1)(PDF:4,606KB)(2)(PDF:4,400KB)
『地誌備考一附図』(1)(PDF:209KB)(2)(PDF:268KB)(3)(PDF:221KB)(4)(PDF:259KB)(5)(PDF:290KB)
幕末維新史料】『名越時敏史料四』(1)(PDF:4,593KB)(2)(PDF:2,857KB)

平成26年度
旧記雑録】『地誌備考二』全(PDF:4,802KB)『地誌備考二附図』(1)(PDF:320KB)(2)(PDF:279KB)
幕末維新史料】『名越時敏史料五』全(PDF:2,580KB)

平成27年度
旧記雑録】『地誌備考三』全(PDF:3,433KB)『地誌備考三附図』(1)(PDF:234KB)(2)(PDF:231KB)(3)(PDF:194KB)
幕末維新史料】『名越時敏史料六』全(PDF:3,277KB)

平成28年度
旧記雑録】『地誌備考四』(1)(PDF:4,605KB)(2)(PDF:1,527KB)『地誌備考四附図』(1)(PDF:431KB)(2)(PDF:264KB)(3)(PDF:386KB)(4)(PDF:380KB)
【幕末維新史料】『名越時敏史料七』(1)(PDF:4,596KB)(2)(PDF:3,302KB)

平成29年度
旧記雑録】『地誌備考五』全(PDF:3,834KB)
幕末維新史料】『名越時敏史料八』全(PDF:3,742KB)

平成30年度
旧記雑録】『地誌備考六』全(PDF:3,666KB)
幕末維新史料】『市来四郎史料一里島津家史料補遺』全(PDF:2,578KB)

 

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

歴史・美術センター黎明館調査史料室

電話番号:099-222-6085

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?